アコム

アコムはPCから申し込み可能です。

賢く借入するには?

アコムに限らず、融資を受けるには、有利な人とそうでない人がいます。

 

例えば公務員。

 

この職業である方の申込みは当然、アコムの融資審査にも有利です。

 

しかし、日払い作業員等の職業であれば、やはり収入の面が不安定という部分もあるので、アコムの融資においても審査が不利になります。

 

とはいえ、職業や年収によりアコムでは審査の可否を決めるわけではないので、傾向として不利、有利というだけにすぎません。

 

要は、色々な面を総合したスコアリングの点数により融資が行われるか否かなので、職業や年収により無理と考える必要は全くありません。

 

 

アコムで融資を確実に受けるためには、賢くお金を借りる必要があります。

 

大体、融資を受けたいという方にとって重要なのは、借入審査に可決する事がポイントなので、借入に伴う確実性を上げる事が賢くお金を借りるポイントとなります。

 

賢く考えお金を借りる確実性を上げるには、まず申し込みに際する細心の注意を払う事が大切です。

 

時として審査に通りたくて申告内容を過大、過小申告するケースも多いのですが、見え透いた嘘はすぐに情報機関を通すことによりバレますので、申込みに際する申告内容はきちんと正確に間違いの内容にするのが審査において融資を確実に受けるひとつの作戦とお考えください。

 

 

例えば、申込みには名前から住所、勤務先や電話番号、収入、保険区分等色々な情報を申告しますが、その中に誤りがあると、それにより「嘘」をついていなくても「嘘」をついたとみなされる場合もあるので、この辺は間違えの内容見直しながら申告しましょう。

 

年収や勤続年数ですが、勤続年数は少なすぎると収入の安定性を疑われる場合もあるので、過大、過少申告はいけませんが、1年未満の場合は、1年と申告されるほうがいいかもしれません。

 

年収が100万円以下の場合も同じように審査には不利になるため多少の過大申告は必要ですが、アコムでは50万円以上の融資を受ける場合は収入証明が必要となるので、その辺はよく検討し、申告される事が大切です。

 

又、借入件数についてですが、この部分は嘘が無いように申告する必要があります。

 

いずれにしても賢く融資を受ける確実性を上げるには、ある程度の過大、過小申告は時として必要ですが、慎重に行う事が肝心です。